新潟の地酒にこだわり、料理と相性良い日本酒をご案内します

久保田のご紹介

トップ » 朝日酒造入魂の銘柄 久保田のご紹介

当店は「久保田」の正規特約店です。
朝日酒造入魂の銘柄 久保田

朝日酒造は、創業以来こだわり抜いた酒造りを行っています。 「久保田」は創業時の屋号を冠した、朝日酒造入魂の銘柄です。 天保元年(1830年)の創業以来、新潟の水と米と人により、 品質本位の酒造りに徹し、特に「酒造りは米作り」との考え から農業生産法人『(有)あさひ農研』とともに良質米の栽培、 研究を続け成果を上げてきました。
あくまでも「品質第一」を念頭に努力を重ね、酒造業の正道を 歩み続けています。 

朝日酒造では「酒造りは米作りから」を合言葉に、とことん酒米にこだ わりながら、時代の先端をゆく設備環境と、連綿と続いてきた伝統の技をもって酒を醸しています。

久保田の顔、和紙ラベル

「久保田」は、ラベルにも創業時の品格にふさわしい風情を求めました。新潟県高柳町門出の和紙職人、小林康生さんにお願いし、楮(こうぞ)を原料とした、自然の素材感が滲み出るようなラベルを作っていただきました。久保田のラベルは、雪国新潟の力強さや素朴さを表現しています。

酒質?なぜ淡麗辛口を目指したか?

開発当時は、一般的に甘く強い日本酒が好まれていました。
しかし朝日酒造では、これからはすっきり飲める、飲み飽きしない淡麗な酒が好まれると予見し、首都圏の方々に好まれる酒を造ることにしました。現在でも、あっさりとしながら深みとコクがあり、
口当たりの柔らかな淡麗な酒は、世代・性別にかかわらず、多くの人々から愛されています。

冷やはもちろん、お燗にも

料理や季節にあわせて、冷やはもちろん、お燗をしても楽しめる久保田。 華やかな香りや柔らかな口当たりをお好みにより味わうことができます。

久保田商品のオンラインショップはこちら

このページの先頭部分まで戻ります。